引っ越しの梱包

不動産

人は住む土地を変える時、色々な準備をします。 住民票を変えたり、荷物を纏めたり、これまで住んだ場所の整理整頓をしたりです。 そして引っ越しをする時というのは、前述の通り住んでいる家に置いてある荷物を整理整頓して、次の引っ越しへと持っていかないといけません。 その際、荷物を纏める道具と言えばダンボールなどの包装容器媒体の道具になります。 日本でも世界でも、引っ越しの時はダンボールを使って、細々とした荷物を纏めていく、それが常識となっています。 家の中にあるインテリア系の小物、例えればオルゴールや陶磁彫刻の人形や置物など、そういう物もダンボールの中に入れて、次の引っ越し先へと持っていくのが基本的な形となります。 ですが、ダンボールだけじゃなく、更に欠かせないアイテムも多々あります。

ダンボールの中に本などを入れて引っ越し先に持っていくならば、ダンボールに入れてガムテープで蓋を固定してさえしまえば、もう問題ない様に思えます。 ですが、前述の中にあったオルゴールなどの小物は強い衝撃を受けると壊れてしまう可能性があります。 ですから、引っ越しの時にはダンボール以外のアイテムも必要になります。 それは新聞紙や気泡入り緩衝材(ぷちぷち、と呼ばれるアレです)が重要で、これを上手く使う事で衝撃を和らげる事が出来る様になります。 他にもダンボールの底や周辺に大きめのふわふわとしたタオルを隅置きにした上で、中に新聞紙や緩衝材で包んだ荷物を入れて徹底した衝撃対策を行うという手段もあります。 引っ越しと一口に言っても身近な所で、スーパーなどのダンボール廃棄から店員の方にお話を通して貰えるアイテムのダンボールも重要な道具になると言う事です。